花火大会に浴衣で来る彼女のための持ち物や、蚊などの虫よけ対策は?

スポンサードリンク

 

夏の風物詩、花火大会。

 

その花火大会に、愛しの彼女が浴衣で来てくれると。

 

花火大会デートを盛り上げてくれる彼女に、男として出来ることは何でしょうか。

 

男を上げるための気遣いをご紹介します^^

スポンサードリンク
  

花火大会に浴衣を着る彼女に気遣ってあげることは?

 

夏の夜空を彩る花火大会と言えば、デートプランとしても最高のシチュエーションですよね。

 

カップルには、季節を感じるイベントとしても人気が高いようです。

 

加えて最近の花火大会は、色々と主催者側も趣向を凝らしていて、スケールの大きなものが多くなりましたよね。

 

その花火大会での彼女とのデート。幸せでしょうねえ(笑)。

 

ましてその花火大会を盛り上げようと、彼女が浴衣なんぞ来てくれたらもう最高です。

 

そんな時こそ、男として応えてあげなくてはなりませんね。

 

浴衣なんて一年に何回も着るわけではないので、それなりに慣れないものを着るわけです。

 

そして季節は夏真っ盛り。暑いっつーの(笑)。

 

暑い季節に暑い浴衣を着て、慣れない中、花火大会のような人混みに出掛ける。結構な大変さです。

 

そんな彼女に対して気遣ってあげるべきことはたくさんありますので、覚えておいてくださいね。

 

暑い

何と言ってもこれでしょう。男の側がTシャツ短パンであったとしたら、もはやそれは理解できないくらいの違いかと思います。

花火大会なので当然屋外でしょうが、男の人が思っているよりも暑いと考えておくべきです。

 

少しでも冷房の効いた所に連れて行ってあげる時間を持ったり、風通しの良いところを探してあげたり。

扇子や団扇で扇いであげたり、汗でお化粧や髪が崩れたりしないよう出来る限り配慮してあげましょう。

 

帯が苦しい

着物の類なのでこれはあるでしょう。ここに関してはなかなか配慮してあげられることも少ないかもしれません。

が、食事であったり、立ったり座ったりだったり、そんな時に少しだけ考えてあげて、言葉をかけてあげるだけでも良いかもですね。

 

お手洗い

ここは詳しく知りませんが、言えることは「時間がかかる」ということです。

理解してあげることと、時間に余裕をもってあげること。

花火大会の会場のお手洗いって、やたら混雑してたり、あまり綺麗じゃなかったりすることもありますよね。

向かう道中で、綺麗で空いていそうなお手洗いがあったら先に声掛けしてあげると良いかもしれませんね。

 

褒める

何と言ってもあなたのために暑い中大変な浴衣を着て来てくれているのです。

あなたが褒めないでどうする、ということです。

 

もちろん心を込めて、普段より2割増しの彼女を5割増しくらい褒めてあげましょう。

 

 

花火大会に浴衣で行く場合の持ち物とは?

 

というわけで、普段から浴衣を着慣れている方ならともかく、普通は一年に一度着るかどうかってところですよね。

 

となれば当然、浴衣を着て行った先で何が必要か、というのもわかっていないはず。

そんな時、困った彼女に対して準備万端な彼が用意した持ち物が役に立てば、二人の関係ももっと良くなるはず。

花火大会に浴衣の彼女と行く場合、持っていると重宝する(かもしれない)持ち物をまとめてみました。

 

絆創膏

これは鉄板です。どうかすると彼女も持っているかも知れません。

 

浴衣には下駄を履くのが普通です。ただそれこそほぼ履いたことのないものですよね。

そうなると下駄の鼻緒も硬く、「鼻緒ズレ」のようになってしまいます。

足袋を履くのも一手ですが、基本的にはあまり浴衣には合いませんよね。

半分裸足で人混みに行くわけですから、そういうことも考えると絆創膏はあると便利です。

 

安全ピン

いかんせん、着慣れていないということを前提としていますが。

着崩れした時の対策です。どうにもならない時、重宝することがあります。

 

折りたたみ椅子

パイプで出来ていて、広げると座れる簡易の小さなパイプ椅子。

レジャーシートなど持って行って直に座るのも良いですが、浴衣は着崩れしやすいもの。

ちょっとした椅子だと、着崩れも防げます。

ただ、必ず2つ持って行ってくださいね。彼女だけ椅子だったら・・・変です(笑)。

 

大きめの袋

彼女が浴衣に合わせて持ってくる袋は小さなものです。

となると、例えば花火大会から持ち帰るようなゴミなどが出た場合、入れるところがありませんね。

ゴミ袋と合わせて、少し大きめの袋で行くことをおすすめします。

 

扇子や団扇

暑さ対策です。持っているのと持っていないのとでは大違いです。

画的にも、あると決まります(笑)。

 

暑さ対策という意味では、タオルやウェットティッシュなどもあると良いでしょう。

 

 

花火大会での蚊などの虫よけ対策はどうすれば良い?

 

そしてもう一つ、忘れてはならない気遣いとして、蚊などの虫よけ対策というのがあります。

 

花火大会となると、基本的に開催される場所というのが河川敷などになりますよね。

一年に一度の花火大会を私たちが楽しみにしているように、人間たちがたくさん来てくれるのを蚊も待ち焦がれているかもしれません(笑)。

 

ということで、必須なのは虫よけスプレー。

 

星の数ほど市販されている虫よけスプレーですが、そこはデートでの使用となりますので、多少の洒落っ気は欲しいですよね。

 

そんな時にはコチラ。

 

 

これは、ティーツリーやユーカリなどの天然成分が使用されたオーガニック系の虫よけスプレーです。

肌にも優しく、何よりすっごく良い香りです。

 

ボトルもオシャレなので、ちょっとした虫よけスプレーとは違って、デート向きです(笑)。

 

花火大会の浴衣デート対策のまとめ

 

今日のお話は、私が嫁から学んだことです。厳密に言えば、叩き込まれたことです(笑)。

 

ただ結局、大切なのはやっぱり彼女を思う気持ちです。

 

暑くて大変なのに、花火大会に浴衣を着てくれているんですよ。あなたのために。

 

そんな可愛らしい彼女に、出来る限りの気遣いをしてあげて下さいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ