寒中見舞いの文例として友人に出す堅苦しくないものは?喪中の場合も?

スポンサードリンク

寒中見舞いというのは、そもそも冬の寒い時期に相手の体調を
気遣うためのお便りとして出すのが一般的です。

ただ時期的にも冬ともなれば年末年始を迎えることとなります
ので、年賀状の時期と重なって来ます。

そこで年賀状の代わりとしても役に立つ寒中見舞いですが、あまり
普段から出す機会があるわけではありませんので、実際にはどう
やって書くのか、どんな時に書くのかをまとめてみましたので
参考にしていただければと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

寒中見舞いの文例、友人に出す場合は?

もちろん大人の方が出すわけですからある程度しっかりとした
言葉を選んで出すことは重要ですが、寒中見舞いを友人に出す
場合くらいであれば、基本的には流れが決まっていますので
まずはこちらからです。

おおまかな流れは以下の通りです。

 

①季節の挨拶
②先方の安否を気遣う言葉
③こちら側の近況などの報告
④まとめ
⑤日付

友人に出す場合の文例として、以下に用意しましたので参考に
して下さい。

 

****************************

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しき折 皆様には益々ご健勝のこととお喜び申し上げます

おかげさまで私共は無事に過ごしております

まだまだ今年は寒さが続くとのこと 皆様どうぞ御自愛下さい

平成○○年 〇月〇日

****************************

 

あくまでも基本的な文例となりますが、基本的なことは全て
押さえてありますので、普通にご利用頂けます。

 

 

寒中見舞いの文例として堅苦しくないのは?

先程文例として挙げたような文章では、友人に出す場合として
少し堅苦しいと思う方もいるかもしれません。

 

ただ少々堅苦しくすることで文章にはまとまりが出ます。

 

逆に言うと友人関係ということもあってシンプルに、あまり
堅苦しくない文面ということであれば

 

****************************

寒中お見舞い申し上げます

毎日寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか

昨年は色々とお世話になりました おかげさまでこちらは
とても順調に過ごしております

また寒さも落ち着いたら、お会いしたいと思っています

平成○○年 〇月〇日

****************************

 

くらいでも良いかもしれません。

 

 

寒中見舞いの文例、喪中の場合は

実際にはこのパターンが一番多いのかもしれません。

 

ただ喪中と言ってもこちらが喪中か相手が喪中かによって
違ってきます。

 

厳密には、事前に知らせてあったうえで新年を迎えたの
か、知らせておらずに新年を迎えたのか、によっても違って
きます。

 

基本的にこちらが喪中の場合は知らせておくことを前提と
してまずは相手方が喪中で年賀状を送れなかった場合、と
いう想定で文例をご紹介したいと思います。

 

****************************

寒中お見舞い申し上げます

ご服喪中と伺い年始のご挨拶はさし控えさせていただきました

○○様がご逝去なさり皆様におかれましたはお寂しい毎日を
お過ごしのこととお察しいたします

極寒の折 皆様どうぞご自愛くださいますようお願い申し上げます

平成○○年 〇月〇日

****************************

 

 

また、相手が喪中ということを知らされておらず年賀状を出して
しまった場合の寒中見舞いの文例はこちら。

 

 

****************************

寒中お見舞い申し上げます

この度はご服喪中と存じ上げずに年始のご挨拶を差し上げて
しまいましたこと深くお詫び申し上げます

遅ればせながら 謹んで哀悼の意を表します

寒さ厳しい折 皆様どうかご自愛ください

平成○○年 〇月〇日

****************************

 

 

 

まとめ

相手との関係性や場面に応じて多少文面は異なります。

大切なことは、いずれにしても心をこめて送るということ。

相手が友人であればなるべく親しみを込めて、また相手が
喪中の時はお祝いの言葉を慎んで相手の気持ちに寄り添える
ような表現が出来れば喜んで頂けます。

マナーをきっちりと押さえて、失礼のないように気持ちを
込めて送りたいものですね。

 

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ