お中元の礼状の書き方は?ビジネスで代筆する場合の例文をご紹介。

スポンサードリンク

 

お中元をもらった時って、きちんとお礼状など出してますか?

 

昔と違って随分ビジネスなどでもらう機会は減りましたよね。

 

ただ、やはり貰うものを貰っておいて挨拶もないのはやっぱり失礼です。

 

お中元をもらった時の礼状の書き方をご紹介します。

スポンサードリンク
  

お中元の礼状の書き方は?ビジネスの場合

 

ビジネスでお中元をもらう機会って減りましたよね。

 

同時に、出す機会も減りましたから。つまり、ビジネスでのお中元やお歳暮を送る機会というのが昔と比べて少なくなっている気がします。

 

逆に言うと、これは経費節減。ムダなことやめようってことです。

 

ということは、それでも出すのならそれなりの意味がある、と考えるべきです。

 

もちろん、いやらしい意味ばかりではないですよ。純粋に、「本当にお世話になっております。」とか、感謝の気持ちがたくさん込められている、と思うべきだということです。

 

どうあれ、お中元を頂いたならやはりお礼状は必要です。

 

お中元のお礼状、その書き方としてのマナーをご紹介します。

 

お礼状を出す時期

これは、なるべく早く、というのが基本です。

 

お中元を頂いて、もし親しく話をするような間柄であればまずは電話やメールなどで一言お礼を伝えると、無事品物が届いたことを知らせることが出来ます。

 

いずれにしてもなるべく早めのレスポンスが必要です。

 

お返し

基本的にはお中元にお返しは不要となっています。

 

ビジネスの場合など特に、頂いてばかりでは申し訳ない・・・とお返しにお中元を送る方などみえますが、ビジネス上の関係から考えたら受け取ってお礼して終わりにする、というのも大切です。

 

お返しをすることでかえって相手に気を遣わせることにもなりますので、お礼状で良い場合はそれで済ませるようにしましょう。

 

お中元の礼状は代筆でも良い?

 

お中元を頂いた場合。ビジネスの場合など特に、いただいたお中元に対するお礼状を奥様(妻)が代筆するのが良いとされています。

 

これは、日頃からお世話になっているビジネスの相手に対して家族からもお礼を差し上げるという意味でも良い関係の構築に繋がります。

 

言ってみればいただいたお中元は家族で頂くことにもなるわけで、そう考えたら家族からお礼があっても特におかしいことではないですもんね。

 

だからと言って、いきなり奥さんの名前でお礼状を送っても誰から来たのかわかりません(笑)。

 

なので、これには表記上のルールがあります。

 

お礼状を書いて、最後にこちらの住所・名前を書くとき、名前の下に(内)と入れます

 

〇〇市○○町1-2-3 ○○ ○○(内)

 

こんな感じ。これで○○さんの奥さんが代筆したお礼状、ということになります。

 

そして、お礼状の構成がこんな感じ。

 

①頭語
②季節のあいさつ
③お中元に対するお礼
④先方を気遣うことば
⑤〆の挨拶

 

おおまかにこれらを押さえたお礼状を書ければ良いでしょう。

 

お中元の礼状の例文は?

 

お中元のお礼状に適した例文をご紹介しますね。

 

========================

拝啓 盛夏の候、貴社におかれましてはますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます。

この度はお心のこもったお品をお送り頂きましてありがとうございました。いつもご丁寧なお心づかいを頂き、本当に感謝しております。

暑さ厳しき折、皆様どうぞご自愛ください。

敬具

========================

拝啓 炎暑の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。

この度は結構なお品をご恵贈賜り、ありがとうございました。いつもお心遣いいただき、改めて御礼申し上げます。

貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げ、今後とも変わらぬお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

略儀ながら書中にて御礼申し上げます。

敬具

========================

 

と書いた上で、表書きの住所、氏名のところの最後に(内)と入れます。

 

これくらいのお礼状が奥様から送られてくると、送った側へのご主人の評判も良くなると思いますよ。

 

お中元のお礼状のまとめ

 

お中元のお礼状というのも、基本的には感謝の気持ちを伝えるものです。

 

ビジネスでのお礼状ということになればそれなりのマナーを抑える必要もありますが、やっぱり伝えるべきは感謝の気持ち。

 

頂いたらすぐにお礼状を出すこと、出来れば手書きで、丁寧に。基本的なビジネスマナーを抑えて、心を込めてお礼状を書く。

 

それが出来れば必ず伝わることでしょう。

 

きっちり奥さんに頭下げてお願いして、気持ちのこもったお礼状を書いてもらって下さいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ