スマホの疲れ目対策は?パソコンでの眼精疲労にも効果的なグッズとは!

スポンサードリンク

 

皆さん、疲れ目じゃないですか?

 

これだけスマホだのパソコンだの言ってると、よく考えたら一日中画面を見てる気がします。

 

となれば当然ですが、毎日は疲れ目との戦いです。

 

なるべく画面を見ないように、というのが最善の対策と言えなくもないのですが、それなりに効果的な疲れ目対策があるのも事実です。

 

まさにこの時代の必須項目、疲れ目対策についてお話します。

スポンサードリンク
  

スマホによる疲れ目対策はどうすれば良い?

 

この世の中、スマホなしでは生きられません(少なくとも私は)。

 

っていうくらいの必需品ですよね。

 

私も中毒の類かもしれませんが、ほんとにしょっちゅうスマホの画面は見てます。

 

となれば当然疲れ目も結構なもので、肩こりやら首こりやら目のショボショボやら頭痛やら・・・

 

おそらくこれらの多くは疲れ目から来ているものと思って間違いないでしょう。

 

実際これだけスマホも普及して使用する人も機会も増えてくると、多くの人が疲れ目だったりします。

 

慢性的な肩こりや首のこり、ひどくなると手のしびれやめまいを訴える人も多いようですね。頭痛なんてのは序の口です(笑)。

 

私も頭痛が酷く、どちらか言うと目の奥が痛いような感じでした。

 

それとやはり目がショボショボして、見えている物がぼやけてました。てっきり老眼かと思ってましたが、あながちそうでもないようです。

 

スマホ老眼

 

スマホ老眼って聞いたことありますか?

 

もともとスマホなどの画面の見過ぎなどによる眼精疲労の蓄積が原因なんですが、早い話が老眼のような症状になるというものです。

 

なので若いとか年寄りとかに関係なく、症状としてはまさしく老眼。遠くは見えるけど近くの文字が見にくい、少し離さないと見えない、薄暗いと見えづらい、などなど。

 

まったく、老眼そのものです(笑)。

 

そしてこれは、疲れ目の蓄積によるものなんだとか。

 

朝よりも夕方、1週間の疲れ目が蓄積した週末など特に症状が重い場合もあるようですね。

 

それで、そうなると目のピント調節機能が低下してしまいます。

 

これに関しては全く私もそうでした。少々老眼になりかけてはいましたが、ハッキリ言っていきなり強烈な老眼にいきなりなったようでしたからね。

 

長時間に渡って集中して画面を見てしまうせいで、ピント調節機能が低下してしまうんです。

 

目のレンズ機能を調節する筋肉は毛様体筋と言うのですが、スマホがこの毛様体筋に負担をかけてしまうためにその機能が低下してしまうことによってスマホ老眼になるのです。

 

スマホ老眼対策は?

 

ではどうすれば疲れ目やスマホ老眼の対策が出来るのでしょう。

 

スマホ老眼は、本当の老眼と違って100%治ります

 

スマホ老眼というのは一時的な症状なので、つまりはスマホを見なければ治ってしまいます。

 

ただ逆に言うと、治るからと言って放っておくと症状はどんどん重篤化します。

 

つまりどんどん悪化して、頭痛が酷くなって肩こりが酷くなって、挙句の果てに睡眠障害だのうつ病だのということも引き起こします。

 

しかも、治す方法の最善策は「スマホを見ない」ということなのですが、、、

 

ぶっちゃけ、それって出来ます?

 

出来たら苦労はないですよね。もっと言うと、出来たらスマホ老眼になってなかったでしょうね。

 

そんな方への対策です。

 

まず、ながらスマホをやめましょう

 

歩きながら、とか、寝ながら、とか。

 

よーく考えたら、一日のほとんどはながらスマホと言っても過言ではありません(私調べ)。

 

なのでそこだけ気を付けただけで、劇的に改善します。

 

まずはスマホを見ない時間を増やすと良いでしょう。

 

パソコンでの疲れ目や眼精疲労対策のおすすめは?

 

パソコンもスマホと同様、仕事によっては一日中画面を見ている人も少なくないでしょう。

 

それで疲れ目なのにも関わらず、そういう人に限って家に帰っても結局パソコンを開いています(笑)。

 

パソコンでの疲れ目もスマホ同様、ピント調整の疲れによるものも大きいです。

 

加えてまばたきの回数が減って目の乾燥が早まると言われています。

 

そして何より、パソコンでの疲れ目の大きな原因となるのが「明るさ」です。

 

基本的にパソコンの輝度が高ければ高いほど疲れ目になりやすくなります。

 

ということは、対策として輝度を下げるというのが効果的です。

 

これ、どれくらい輝度を下げると良いかというと・・・

 

いわゆるコピー用紙ってありますよね。例えばパソコンの画面の白色と、コピー用紙の白色を横並べにしたときに同じくらいの明るさになるようにするのがベストです。

 

ただこれ、やってみるとわかりますが、結構暗いです。でも、やはり目には楽になった気がしますね。

 

ここからもわかるように、パソコンを見ることによって疲れ目の原因となるのはズバリ、「光の量」ということですね。

 

つまり明るければ明るいほど、疲れ目になりやすいということです。

 

私がよく使用するワードなどは、背景色を黒にして、字を白にすることによって明るさを抑えられ、疲れ目対策に効果を発揮します。

 

https://support.office.com/ja-jp/article/Word-2016-for-Windows-%E3%81%A7%E8%83%8C%E6%99%AF%E3%82%84%E8%89%B2%E3%82%92%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%99%E3%82%8B-db481e61-7af6-4063-bbcd-b276054a5515

 

同じく、Gmailではこうすれば背景色を黒に出来ます。

Gmailで目の疲れない設定

 

慣れるまで違和感があるかもしれませんが、こんなことで随分疲れ目の対策になります。

 

ぜひ一度騙されたと思って試してみて下さい。

 

かなり変わりますよ^^

 

疲れ目対策のグッズをご紹介

 

疲れ目対策のグッズは、色々あるんですよね。

 

目薬から始まって、ブルーライトをカットする眼鏡だとか。もちろん肩こりやら頭痛に広げれば、もっとたくさんあります。

 

探せば本当に色々ありますよ。そして疲れ目や眼精疲労で悩む人にとっては、ぶっちゃけどれでも効果的です(笑)。

 

もちろん生活習慣なども含めて何が良いかは人それぞれですが、あらゆる人の疲れ目の対策として効果が感じられるくらい、色々なグッズが市販されています。

 

なので、本当ならランキング形式でご紹介出来るほど、私も色々と試しました(笑)。

 

ただ、結局のところ、究極的におすすめ出来る疲れ目対策のグッズはこちら。

 

そう、つまりこれ一択。これしかないと言っても過言じゃありません。

 

 

 

 

誤解のないように言っておきますが、他にも疲れ目対策として効果の高いものはたくさんありました。

 

と言うより、多かれ少なかれどれも効果的だった、と言ってもいいかもしれません。

 

なので他のものを使ってみて、自分に合うものが見つかればそちらで良いと思います。

 

私は絶対的にこちらをおすすめします。

 

これ、袋から出した瞬間から発熱します。この温かさと蒸気がほんとに気持ちいいですよ。

 

目に見えるスチームが出るわけではないですが、明らかな蒸気感はあります。

 

体感の温度は約40℃。これが10分ほど続きます。

 

ソファーなどでゆっくりと座ってこのアイマスクをすると、気持ちまでリラックスします。いやほんとに、リラックスします^^

 

これ以外にも香りがありますが、何と言っても私のおすすめは「ゆずの香り」です。

 

使い捨てなのも◎。あまり気にせず、付けたまま寝てしまうくらいがちょうど良いです。

 

最近では、たいして疲れ目でなくてもしてしまうくらい、ハマってます(笑)。

 

ゆずの香りが程よく、いつも蒸しタオルなどを使用している方なら、手間もかからないので本当におすすめです。

 

絶対に寝つきは良くなりますよ。疲れ目が原因で寝られない、という方には特に効くと思います。

 

疲れ目対策のまとめ

 

結局、現代の疲れ目の原因のほとんどは、スマホかパソコンです。

 

そして言えることは、どちらも簡単には取り除けないほど、生活に密着しているんだということ。

 

ただそのままでは疲れ目も悪化の一途を辿るため、何か対策は必要です。

 

それには、

ながらスマホをやめること。

パソコンの画面の光量を少なくすること。

 

これらは、今日から出来る、それもかなり効果的な方法です。

 

ちょっとした日常の生活習慣を改善して、疲れ目対策に役立てて下さいね。

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ