夏バテの原因と対策は?食べ物で効果的なものと塩の大切さとは。

スポンサードリンク

 

 

夏になって気温が高くなって、ジメジメする。。。

そうなると途端に身体がだるくなったり、動きたくなくなったりしませんか?

食欲も落ちて、元気がなくなることってありますよね。

普通で考えればこれは夏バテです(笑)。

特に女性に多いと言われる夏バテ。その対策はどんな方法があるのでしょう。

スポンサードリンク
  

夏バテの原因と対策は?

そもそも日本の夏は、湿度も高くてジメジメします。

おまけに最近どんどん気温も上がって来ていますよね。地球温暖化の影響もあるかもしれませんが。

ともかく、夏の不快度は年々増しています。夏バテする、っていうのも、今じゃ普通に聞きますよね。

この夏バテですが、バテる、というのは「疲れ果てる」が語源です。

夏に疲れ果てる = 夏バテする

ということになります。

私レベルで鈍感だと、なかなか「これが夏バテ」ということすら気付かないレベルなんですが、一般的にはそうじゃありませんよね。

やはりそれなりの症状を訴えて、毎年夏になると夏バテにやられている人だっているでしょう。

ただこの夏バテ、やはり明確な定義があるわけではありません。

夏の暑さが続いたために食欲がなくなって元気が出ない、とか、寝ても寝てもなかなか疲れが取れない、とか、ずっと身体がだるい、とか。

これらのことをひっくるめて「夏バテ」って呼んでいます。

その夏バテの主な原因となるのは、当然ですがやはり「夏の暑さ」です。

暑くて不快というところから始まって、精神的な疲労に繋がったり、身体の機能を低下させることに繋がったりします。

もともと人間の身体は、暑さに対して対応しようとするんですが、あまりに長引いたり、その暑さが尋常じゃないなんてことになるとそりゃ対応不能になりますよね。

つまりはそういうことなんですけど、中でも大きな原因として自律神経の乱れということが言われています。

例えば暑くなった時、身体は体温が上がり過ぎないようにするために体温を逃がしますよね。これには汗をかいたり、血管を広げたりすることで体温調節しようとするんですが、それこそが自律神経の働きです。

つまり、自律神経がうまく機能してくれないことでたいおんを調節する機能がうまく働かず、身体の不調を訴えることになってしまうのです。

夏バテ対策として効果的な食べ物とは!

暑さでやられた自律神経の作用により、胃の消化機能も低下します。

つまり、食欲がなくなるんです。これも女性に多いですよね。こうなると栄養が入ってこないため、身体は貯蓄してある栄養を使い始めます。

そうなれば当然、身体の栄養としては不足することになって、体調不良になるのです。

胃の消化機能が低下する原因は、実はもう一つあります。

そう、冷たい飲み物の飲み過ぎ、です。

これは私の得意分野ですが、冷たい飲み物をがぶ飲みし過ぎて胃腸を冷やし、消化機能が低下します。

そりゃそうなれば当然食べられませんね。食欲不振の大きな原因です。

では夏バテ対策として有効な食べ物は何なんでしょう。

先程お話したように、身体の中にあった栄養分を消費してしまうことから夏バテに繋がります。

なのでそのなくなってしまった栄養素を補充することが出来れば回復します。

それが、主にタンパク質とミネラル、そしてビタミンです。

これらが入った、夏バテの対策としておすすめの食べ物がこちらです。

トマト

そもそも夏の野菜の代表格。旬の野菜を食べることは健康を考える上で第一歩です。

トマトにはリコピンやビタミンC、βカロテン、カリウムなどの栄養が豊富です。

みずみずしくてサッパリ食べられるトマトを食前に食べると、食欲不振に効果絶大です。

豚肉

とにかくビタミンB1がたっぷり摂れます。ビタミンB1とは、疲労回復にも効果を発揮する大切な栄養素で、これがないとエネルギーを作り出せません。

あまり脂肪分の少ないヒレやモモなどの赤身肉をたっぷり摂って、スタミナ回復するように心掛けましょう。

豆類

納豆にはビタミンB1やビタミンB2,それにタンパク質が多く含まれます。

枝豆にはビタミンB1やビタミンC、それとタンパク質。

ビールのおつまみなら枝豆にしておいてください(笑)。

柑橘類

オレンジやレモン、グレープフルーツなど。これらにはビタミンCやクエン酸が含まれていますので、疲労回復に効果的です。

さっぱりして食べやすく、吸収も早いのでおすすめです。

これらを意識して、少し食欲がないな、と思った時などなるべく早めの対策が効果的です。

そもそも普通に三食取ればそれなりにミネラルくらいならきちんと摂取出来ます。

まずは三食しっかり食べることを心掛けて下さいね。

夏バテの対策に塩が重要?

ま、これはだいたい想像がつくかと思いますが、暑さで汗をかくとミネラルが放出されてしまうため、それを補うことが必要となるからですね。

そもそもミネラルと言ってもほとんどが塩です。つまり、汗で出た塩をどこかで補わなければいけない、ということです。

よく考えたら当然っちゃあ当然なんですけどね。

ただこれ、汗をかくことによって出ちゃうのは塩だけではありません。他のミネラルやらビタミンやらも失ってしまいます。

なので、汗をかいたからと言って水分と塩分だけ補充すれば、というもんじゃないんですよね。

というわけで、汗をかいたなら、水分や塩分の補給は必須です。

でも、同じようにビタミンなども摂取しないと、やはり夏バテの原因になりかねません。

塩だけでなく、栄養のバランスを考えた食べ物を摂りたいですよね。

ほとんどの場合、食べ物で夏バテの対策は出来るようです。

食欲不振で栄養摂取が偏る前に、対策したいところですね。

夏バテの対策のまとめ

夏バテは、睡眠不足や疲れ、栄養の偏りから始まっておこるものです。

その対策とは、一言で言えば規則正しい生活なのかもしれません。

とはいえ、そんな生活できたら苦労はないんですよね(笑)。

なかなか休めなかったり、暑すぎて食欲のなくなる時でもありますが、そこは努めて夏バテする前の対策が必要です。

早めに対処して、夏バテ防止を心掛けましょうね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ