岡崎の花火大会2017年の場所取り情報は?穴場とおすすめはこちら!

スポンサードリンク

 

夏と言えばやはり花火大会^^

愛知県の岡崎市で行われる
岡崎観光夏まつり花火大会というのがあるんですが、
これまためっちゃ綺麗です。

何が素敵かと言ってそのロケーション。
花火のバックに見える岡崎城は、本当に素敵です。

今年まだ花火大会などを見ていないあなた。
是非おすすめですので一度ご覧ください^^

スポンサードリンク
  

岡崎の花火大会 2017年の日程は?

そもそも岡崎市とは、
愛知県の少し南、豊田市に隣接する工業都市です。

全国的には八丁味噌が有名で、
言ってみれば名古屋の「味噌」というイメージは
ここから発信されていると言っても過言ではありません。

豊田市とともに西三河地区を代表する都市です。

ずいぶん古くから西三河地区の中心都市だったようですが、
そもそも徳川家康やら忍者の服部半蔵、老中青山忠成など
の出生地として有名なんだとか。

・・・ま、どっちでもいいですね(^^;

話を戻して、岡崎の花火大会について。

毎年8月の第一土曜日開催です。
ということで2017年は8月5日。

時間は18時50分から21時頃まで。
場所は乙川の河川敷です。

 

 

ハッキリ言って、スゲーっすよ。

打ち上げる花火の数は何と20000発

これは近隣の花火大会で比較すると

名古屋港花火大会     3000発
蒲郡まつり花火      5000発
豊田おいでん祭り花火  13000発

ほらほら。結構なもんでしょ。

ここはもともと花火の普及した土地柄で、
岡崎を中心としたいわゆる「三河花火」と言われる花火は
全国的に有名です。
現在の花火は、そもそも軍事上の火術から始まって
観賞用に変化したらしいですが、それが広まった背景には
徳川家康公も関わっているようです。

何となく花火も火薬なわけで、そう思えば昔の軍事や武士が
関わっているのは想像できますね。

ともあれ、岡崎の花火が盛んになった歴史には徳川家康の
産まれた土地であったことも無関係じゃないんでしょうね。

 

豊田おいでん祭りの穴場についてはこちら

刈谷わんさか祭りの穴場についてはこちら

岡崎の花火大会での場所取り情報

当然ですが、岡崎の花火大会と言えば中部地方では結構な
規模の花火大会です。

おまけに日本三大花火大会として有名な

土浦全国花火競技大会(茨木県)
全国花火競技大会(秋田県)
長岡まつり大花火大会(新潟県)

などと同じ規模の打上数となれば、そりゃ盛り上がります。

と言うわけで、岡崎の花火大会が見たい!となったら
やはり重要なのが場所取りです。

単純に、花火打ち上げ場所の間近に有料で桟敷席があり、
事前に抽選販売となります。この桟敷席、6名定員で
48000円。
これが高いか安いかは、どうぞご検討ください(^^;
岡崎観光協会で申し込むことが出来ます。

あとはその対岸。こちらは無料ですが、場所取りには
ずいぶん前からダッシュで取らなければ簡単に埋まります。

ここに関しては電車の方が良いかもしれません。
東岡崎駅からは徒歩で10分ちょっとです。

 

 

それでも車で行きたいというチャレンジャーはこちら。

 

 

ここは無料開放してくれます。
ただ、行きも帰りも混雑はエグイです。

帰りなんて、何時間か動けないのを覚悟されることを
おすすめします(^^;

 

岡崎の花火大会で花火を見る穴場とは?

何と言っても20000発の花火。来場者数は50万人近い
一大イベントです。

去年までの穴場が今年の穴場になるかどうかは
わかりませんが・・・

岡崎市に入れば、花火大会そのものは十分に楽しめます。
当然ですが、打ち上げ場所に近付けば近づく程よく見えます。
仕掛け花火なんかもありますので、そこまで見ようとすれば
やはり打ち上げ場所に近付く必要があります。

が、、、

私はそこまで必要ないんですよね(^^;

っていう程度の方へ、こんな私がおすすめする
「穴場」がコチラです。

①岡崎中央総合公園

はっきり言ってこれで十分。
これでも十分すぎるくらいです。

花火大会としての迫力は味わうことが出来て、そこそこ
空いてます(そこそこです)。

仕掛け花火はまたの機会で(^^;

駐車場は1500台。とは言っても余裕ぶっこいてると
エライ目に遭います。

それでも車で行けて、それなりにのんびりと見ることが
出来る穴場スポットは貴重ですよね。

 

②アピタ岡崎店

ちょっと飛び道具的な穴場ですが、
いわゆるスーパーの屋上ってとこです。

会場からは少し離れますが、何よりもトイレや食事
などの心配がありません。
子ども連れなどにはオススメですし、暑かったり
雨が降ったりしたときの潰しも効きます。

車で来ても駐車場があるのは良いですね。
ただ、早めに帰らないと大変なことになりますので
そこは注意してくださいね(^^;

 

③岡崎公園

こんなもんは穴場でもなんでもないかもしれません(笑)。

が、屋台もたくさん出ていて、混雑してますが、
浴衣を着た人もたくさんありますし、
ロケーションを考えると雰囲気は抜群です。

早めに場所を確保できるなら、芝生にシートを敷いて
場所取りしておきましょう。

ハッキリ言って混みます。

早めの準備をおすすめします!

 

⇒犬山の花火大会についてはこちら

⇒内海の花火大会についてはこちら

 

岡崎の花火大会についてのまとめ

岡崎の花火大会は、ホントに綺麗です。

凄まじい迫力と、岡崎の町の雰囲気がマッチして、
素晴らしい夏の風物詩だと、私は思います^^

きちんと計画して、早めに出発して、日本有数の
花火を楽しんで下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ