夏の冷房病の対策は?症状として多い頭痛を防ぐグッズなどもご紹介!

スポンサードリンク

 

夏も暑くなれば私なんぞは冷房ガンガンです。

そしてちゃんと冷房病になります(笑)。

わかっていてもなります。それも毎年。

何とかしたいと思いつつ、冷房の気持ち良さに
歯止めが効きません。

それでも頭痛いと気分は最悪。
やっぱり何とかしたい。

冷房病の対策についてまとめてみました。

スポンサードリンク
  

夏の冷房病の対策は?

そもそも最近の夏の暑さってハンパじゃないですよね。

何となく一昔前の気候とは違ってます。

そのせいでどこに行ってもガンガンに冷房が効いてるし、
街中でも外に出ると室外機から熱い風が吹いてる。

そりゃ体調も壊しますわ。

オフィスや店舗など室内では冷房ガンガン。もちろん
温度を気にして高めで設定してるところも多いよう
ですが、結局あんまり意味はない気がします。

少々弱めでも、冷房のかかった部屋に長くいると
体調は悪くなる。そんな気がしませんか?

「冷え」というのは万病のもと。

しかも最近では、女性だけでなく男性でも夏の
冷房病になる人が増えているんだとか。

手足が冷えるとかだけでなく、全身がだるくなって
疲れやすくなったり、肩こりや腰痛に悩まされたり
鼻水やのどが痛くなったり、肌が荒れたり。

本当に症状も人それぞれ。人によって違うのですが
もともとは身体の体温調節がうまく出来なくなること
が大きな原因とされています。

もともと暑い時期には身体の中で何が起こっているのか
というと、暑さ対策として身体は体内の熱を
外に出そうとして血管を拡張させています。

ところが冷房の効いた部屋にずっといることで身体が
冷えてくると、体温を逃がさないようにするために
今度は血管を収縮させるようにはたらくため、結果と
して血流が悪くなるのです。

その状態が続くと、自律神経に支障をきたして体温の
調節がうまくいかなくなってしまうのです。

身体の中の温度が冷え切ってしまうことにより、血液の
温度も下がってしまいます。冷えた血液が身体の中を
巡るため、体内の温度が上がりにくくなってしまいます。

そうなるとなかなか体内の温度が上がりにくくなるため
汗などもかきにくくなって乳酸など疲労物質が体内に
たまってしまいます。

結果、全身がだるくなったり疲れが取れなくなったり、
夏バテの原因となるのです。

冷房病の症状や効果的な対策は?

とにかく、そもそもの冷房病の原因はその「冷え」から
来るものです。

なのでまず対策としては、冷房の温度設定を見直す所から
始まります。

これ、一般的には25℃~28℃くらいが良いとされて
いますよね。ただこれ、実際には人それぞれなので、
あくまでも基準は「寒くない温度」ということになります。

また直接エアコンの風が当たるところにいるのはNG。
エアコンの風に直接当たると体温が急激に下がります。
換気する時間を作るなど、身体を冷やし切らない対策が
必要なんでしょうね。

そもそも外気温と室内の温度の差が5℃以上あったら
何かしらの体調に支障をきたすんだとか。
これは身体の体温を調節する機能の中で中心を担うと
言われている自律神経がうまく働かなくなるためで、
汗が出にくくなり、手足が冷え、肩や腰にコリを訴え、
気分が悪くなったり食欲がなくなったりします。

これらが主な冷房病の症状とされていますが、
冷房病というのはいわゆる「冷え性」の一つとして
割と軽視されがちですが、毎日勤務しているオフィス
などが原因で冷房病になっているのだとすると大変。
明日も出勤しなくてはなりませんからね。

これって、結構大変ですよね。言うほど楽じゃないと
思います。
毎日冷房病を悪化させるようなもんですからね。

そういう場合、どんな対策をすれば良いのでしょうか。

エアコンの設定温度を上げる

もちろん周りの人との兼ね合いにもなるのでこれも
簡単とは限りませんが、やっぱり最も効果的。
もしそれが難しそうなら、直接エアコンの風が
当たらない所にいて下さいw

それも難しいなら、せめて陽の当たる所に!

家での入浴に気を付ける

気温が高い日など、湯船に浸かると暑いので
シャワーだけで済ますことも多いですよね。

ただこれは逆効果。38℃から40℃くらいの
ぬるめのお湯にゆっくりと30分ほど浸かりましょう。

身体を芯から温めて汗を出すことで自律神経の作用を
復活させることが出来ます。

冷たい食べ物や飲み物を控える

これもつい夏場にしてしまいがちなことです。

冷たい飲み物やアイスクリームなどは、当然ですが
身体を冷やします。

努めて温かい食べ物や、身体を温める食べ物などを
積極的に取り入れましょう。

お腹を温める

とにかく身体を温める。それにはやはり身体の中心を
温めると効果大。

ブランケットなど一枚余分に掛けたり、季節には
合いませんがカイロなども効果的ですよ。

冷房病に多い頭痛!その効果的な対策やグッズとは。

冷房病の症状の中でも多いのが頭痛です。

それも頭痛だけならまだしも、微熱が出てきたり鼻水も
出てきたり、風邪の症状に近くなってくることだって
ありますよね。

何だ夏風邪か。なんて思ってたらただの冷房病だった、
なんてこともあります。

ただ結局、これも原因は冷房病なので、そもそもは
自律神経の異常によるものです。そして、その元となる
のは、身体の冷え。

冷えによって悪くなった血液循環。それにより
頭にまで十分な血液が送れなくなっていることが
頭痛の原因です。

それにはまず、首元を温めてあげましょう。

首には太い血管が多く流れているので、首の血流を
良くすることで頭まで血流がうまく流れます。

あとは、温かい飲み物を飲むのも有効です。

全ては冷えが原因なので、温かい飲み物を飲んで身体を
温めることが必要です。

よく「コーヒーは身体を冷やす」と聞きますが、これは
コーヒーが南国で収穫されるということによるものです。

確かにコーヒー豆って赤道に近いところの国々で収穫
されていますが、実際にはコーヒーが収穫されるところは
標高の高い所です。

つまり昼夜で結構な温度差のあるところで育ちます。

ということでコーヒーは暑い所で栽培されるものでは
ないのです。

って話がそれましたが、つまりは温かいコーヒーを
飲んでも身体は温まります。

コーヒーに含まれるカフェインは、血行促進と興奮作用が
あるので、ここだけ考えても身体を温めてくれそうですよね。

とにかく、身体を温めることで頭痛を苦しさを抑える
ことが出来ますよ。

 

そして冷房病と戦うあなたに、おすすめのグッズです。

 

 

 

これ。俗に言う腹巻きです。

ぶっちゃけ、これが本当に効きます。侮るなかれ。

しかも、腹巻きなんてわかりませんよ。

女性の方なら、何かとお腹を冷やすことはよくありません。

きっちり、対策して下さいね。

 

冷房病の対策のまとめ

夏場に体調不良で悩ませる冷房病。

その大きな原因が冷えと血流の悪化から来る
自律神経の不調であることは説明したとおりです。

やっぱりそもそも人間の身体は、冷やさないことが多くの
健康法を見ても良いとされていますね。

夏の暑さを感じながら過ごすくらいの余裕を身に付けて、
無理に身体を冷やしてしまわないように心掛けて下さいね!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ