喪中の時の寒中見舞いの文例は?上司や友人の場合で違うの?

スポンサードリンク

 

例えば身近な人が亡くなられて喪中のとき、

お祝いのメッセージである年賀状を出すことが出来ません。

そんなとき喪中のハガキを出すことになるのですが、

基本的に1年に1回、それも年賀状くらいでしか

やり取りのない間柄の人もいますよね。

 

それにも関わらず喪中はがきだけになってしまうと、

やはりなかなか寂しいものです。

 

そんなときに喪中の寒中見舞いを送るのですが、

やはりこれにはいろんなマナーがあります。

 

そこで今回は、あなたが喪中であると想定した場合での

寒中見舞いについてまとめてみました。

 

 

 

スポンサードリンク

喪中の時の寒中見舞い、文例は?

 

喪中のときの寒中見舞いと言っても、

なかなかひとくくりには出来ません。

 

というのも、基本的に寒中見舞いというのは

松の内(1/1~7)が明けてから立春までの間に送るものです。

 

年末に喪中はがきを送ってあった場合は

年賀状を受け取ることも少ないかもしれませんが、

喪中はがきを送っていなかった場合などは

相手が知らずに出してしまうということがあります。

 

そんな場合に相手は年賀状の返事がなければ

がっかりしますので、そういう場合などには必ず

寒中見舞いを送るようにしましょう。

 

例えば喪中はがきを送ったために全く年賀状も来ず、

1年に1度のやり取りしかないような相手の場合は

特に寂しいものです。

まして身近な人を亡くしたばかりであれば、なおのこと。

 

そして状況や立場、人間関係によって文章を変える必要がありますね。

まして、相手が友人や身近な人であるのか、

上司など会社や仕事の関係なのかによっても文面は違ってきます。

 

基本的な文例のパターンとして

①寒中見舞いのあいさつ
②時候のあいさつ (省略可)
③(年賀状をいただいた場合に限り)年賀状に対する御礼
④こちら側の近況報告(省略可)
⑤これからのお付き合いに対するお願いと、相手の体調を気づかう言葉
⑥日付

 

となります。

加えて、喪中ハガキを送っていない場合は、

なぜ送れなかったのか(喪中であるという説明)を入れます。

 

ということで具体的な文例を見て行きましょう。

 

喪中の時の寒中見舞い、上司の場合

 

上司などに出す場合で、喪中はがきを送っていない

などで先方が事情を把握していない場合。

 

 

*********************************

寒中お見舞い申し上げます。

寒さ厳しい折ではございますが、いかがお過ごしでしょうか

ご丁寧な賀状をいただき誠にありがとうございました

昨年末に、母○○を亡くし 喪に服しておりますので年末年始の
ご挨拶は控えさせていただきました

本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます

平成○○年〇月〇日

*********************************

 

 

喪中はがきを送ってある場合。

 

 

*********************************

寒中お見舞い申し上げます

寒さ厳しい日々が続いておりますが お変わりありませんでしょうか

新年早々 お年賀ありがたく頂戴しました

喪中につき年始のご挨拶を差し控えさせていただき 大変失礼致しました

本年も何卒よろしくお願い申し上げます

平成○○年〇月〇日

*********************************

 

 

上記に加えてひとこと、

自分の言葉で何か添えると温かい寒中見舞いとなります。

 

 

 

喪中の時の寒中見舞い、友人など身近な人の場合

 

*********************************

酷寒のお見舞い申し上げます

本格的な寒波が到来しましたがいかがお過ごしですか

ご丁寧な賀状をいただき 誠にありがとうございました

昨年○○月に母〇〇を亡くし 喪に服しておりますので

年末年始のご挨拶は控えさせていただきました

本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます

幸せに満ちた一年になりますよう 心よりお祈りいたします

平成○○年〇月〇日

*********************************

 

とくに友人や身近な相手の場合は、

喪中のときこそマナー上でのハガキを

貰っても基本的には心配していて、

建前としての寒中見舞いではない

本当の心からの言葉が聞きたいものです。

 

マナーを押さえた文章を書いたあとは、

自分らしい言葉での近況と少しでも前向きな

言葉が綴ることが出来たら相手は安心します。

 

なるべく自分のことばで書いた一文を入れるように

しましょう。

 

 

まとめ

 

喪中のときの寒中見舞いの文例を

いくつかご紹介しました。

気が付いた方もおられると思いますが、

基本的にこの文例の中には句読点がありません。

 

これはわざとです。

句読点の使用は避けるのがマナーとなります。

 

マナーをきちんと押さえて、伝えるべきを伝える。

 

当然のことながら、これが目的です。

 

とはいえ、相手方はそれなりに心配してくれています。

 

ちゃんと安心していただけるような文章が書けるようなら、

それを添えてあげられたら何よりです。

 

相手のあるやり取りですから、心の伝わるものにしたいですね。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ