2017年のお彼岸はいつ?その意味とは?秋のお参りの仕方もご紹介。

スポンサードリンク

 

お彼岸って知ってます?

今の若い方たちにはあまり馴染みがないかも知れませんね。

とは言っても、シーズンになればニュースなどでも耳にする機会はあるでしょう。

私の周りでそんな話をしていたら、結構年配の人でもお彼岸について知らない方が多いということがわかりました。

ということで、お彼岸についてご紹介しますので、宜しければ参考にして下さいね^^

スポンサードリンク
  

2017年のお彼岸はいつ?

お彼岸というものが何かわからなければ、2017年のお彼岸っていつ?と言われてもそりゃわかりませんよね。

お彼岸というのは、1年に2回あります。これは毎年、2回です。

春のお彼岸、いわゆる「春彼岸」というものと秋のお彼岸、「秋彼岸」です。

そしてそれがいつかと言うと、毎年その年の春分の日(だいたい3月21日頃)と秋分の日(だいたい9月23日頃)になります。

と言ってもご存知の通り、春分の日も秋分の日も毎年変わりますので、それに合わせてお彼岸も毎年変わるのです。

春彼岸も秋彼岸も、それぞれ春分の日、秋分の日を中日と呼び、その前後の3日間を合わせた7日間を彼岸といいます。

ということで2017年のお彼岸は以下のとおりです。

<春彼岸>

3月17日(金) 彼岸の入り
3月20日(月) 彼岸の中日(春分の日)
3月23日(木) 彼岸の明け

 

<秋彼岸>

9月20日(水) 彼岸の入り
9月23日(土) 彼岸の中日(秋分の日)
9月26日(火) 彼岸の明け

 

暑さ寒さも彼岸まで

って聞いたことありませんか?

暑さは秋彼岸の頃まで、寒さも春彼岸の頃までという意味ですが、それもそのはず。暦上ではこの日を境に季節も変わるということなんですね。

だからかわかりませんが、このことわざって本当にその通りの気がするのは私だけでしょうか^^

 

そもそもお彼岸とは?どういう意味があるの?

何となく想像がつくかもしれませんが、そもそもお彼岸とは仏教的な意味合いです。

先程もお話したように、春彼岸も秋彼岸も中日が春分の日だったり秋分の日だったりするわけですが、これらの日がどういう日かご存知ですか?

春分の日も秋分の日も、昼の長さと夜の長さがほぼおなじになる日です。

つまり太陽が真東から昇り、真西に沈むという、1年に2回だけある日です。

仏教の考え方においては、悟りの世界を彼岸と呼び、反対に私たちが暮らす迷いや煩悩に満ちた世界を此岸(しがん)と呼んでいます。

そして彼岸は西にあり、此岸は東にあるとされていますが、春分と秋分の日は、太陽が真東から真西に沈むために彼岸と此岸がもっとも通じやすくなる日と捉えられ、先祖供養をする1日となったのです。

この彼岸の期間にお墓参りをして先祖供養をすれば、極楽浄土に行くことが出来ると伝えられてきたんですね。

ただこのお彼岸というのは、仏教由来とは言えど日本だけの文化のようです。

日本には仏教だけでなく神道にまつわる行事もたくさんありますね。

「日願」とも言われる彼岸は、太陽の神を信仰する神道の教えと結びつきやすかったのではないかとも言われていますが、日本人にとってはこのお彼岸の時期が御先祖さまへの感謝の気持ちを表す、大切な行事の一つになって行ったのです。

 

秋のお彼岸にお参りするときに注意することは?

先程もお話したように、お彼岸はご先祖様に感謝したり、亡き人を偲ぶ良い機会です。

秋のお彼岸に関わらず、お彼岸というのは御先祖様への供養をするための期間ということです。

こういう話にありがちなのが、マナーのこと。

いつ行くべきかとか、期間を外れたら行くべきでないのか、とか。

お彼岸の間にはこれを避けた方が良いのかとか、これをするべきではないのかとか。

お墓参りというのなら、出来れば午前中の方が良いのかもしれません。

都合でお墓参りに行けないという場合に、お仏壇に手を合わせるだけだって良いでしょう。

服装にも決まりはありません。別に普段着でも良いでしょう。礼服だって構いません。

お供えだって何をお供えしても構いません。腐ってしまったり動物などが散らかすようだとお墓が汚れてしまいますので、基本的にはお供えの後に持って帰るのが良い、くらいのものです。

何よりも大切なのは気持ちです。

心を込めてお参りすること。敬う気持ちです。

お墓を綺麗にして、お供えし、お線香と持参してろうそくに火を灯し、手を合わせる。

もちろんお彼岸の時期に限らず、大切なのは形式ではありませんよね。

お参りすることの意味を考えれば、それがマナーになると思います。

 

お彼岸についてのまとめ

お彼岸というのは、春と秋の1年に2度ある、暦の上での期間を指します。

そしてその時期には、ご先祖様への感謝を表す節目となる、大切な文化です。

日頃の感謝を込めて、お彼岸には揃ってお墓参りに出掛けてみるのも良いですね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ