敬老の日のプレゼントは孫の手作りが喜ばれる!サプライズにするには?

スポンサードリンク

 

敬老の日のプレゼント、考えていますか?

2017年の敬老の日は、9月18日の月曜日です。

敬老の日と言っても昔と違うのは、敬老される側の方たちが若いことですね。

最近のおじいちゃん、おばあちゃんって若いですよね。

若くてもそうでなくても、敬老の日は日頃の感謝の気持ちを伝える絶好の機会です。

敬老の日のプレゼントとしてどんなものが良いのでしょう。

喜ばれるプレゼントとは?せっかくなので、サプライズになるようなものは?

敬老の日のプレゼントについてまとめてみましたので参考にしてみて下さいね^^

スポンサードリンク
  

敬老の日のプレゼントには孫の手作りがおすすめ!

敬老の日とは、読んで字の如く老いを敬う日です。

ま、言うまでもありませんが、おじいちゃんおばあちゃんに感謝を伝える日ですよね。

おじいちゃんおばあちゃん、というのがポイントです。母の日でも父の日でもないので、どちらか言うと子から親へ、というよりは孫からおじいちゃんおばあちゃんへ、というものなのかもしれません。

何よりも、孫からのプレゼントこそがおじいちゃんおばあちゃんには喜ばれます。

親でもあり子でもある立場のあなたが、孫からおじいちゃんおばあちゃんに感謝を伝える橋渡しが出来ると良いですよね^^

孫から、となるとルイ・ヴィトンのバッグやROLEXではありませんw

さすがにそれは冗談としても、お金を使う場面ではないということです。

大切なのはもちろん気持ちです。そしてあくまでも孫から、ということで孫の年齢の中で出来る、孫らしい贈り物こそが喜ばれるのではないでしょうか。

まずは直接会うこと

何と言ってもおじいちゃんおばあちゃんが最も喜ぶのは「孫の顔を見られる」ということです。

この日にかこつけて、日頃なかなか会えない場合などは特に孫の顔を見せてあげて下さい。

まずはそれが何よりのプレゼントになります。

 

孫からの手作りプレゼント

やはりかわいい孫が一生懸命作ったものなら喜ぶのは間違いありません。

例えば似顔絵を描いても良いですし、手紙でも構いません。

子どもの年齢に合った、それらしい贈り物で印象に残るのは、やはり手作りのものです。

何ねん経っても思い出になるし、何度あげてもその時その時の味があって、かけがえのないものになります。

何と言っても子どもは成長してしまうのが良い所です。

反対に言えば、一年一年変化していくので、毎年同じ手作りでもそこに成長が窺えます。

おじいちゃんおばあちゃんにしてみればそれこそが最大の楽しみになるので、その時にしか贈れない子どもらしさを、是非手作りプレゼントで贈ってみてはいかがでしょうか。

 

敬老の日のプレゼントで一番喜ばれるものとは?

敬老の日ともなると、実際こんなプレゼントが欲しい、という細かな内容を聞けることは少ないのかもしれません。

贈る側は子、贈られる側は親、となると親からすればなかなか自分の子に「これが欲しい」と言って高価なものは言いにくいのが普通です。

だからこそ、孫からのささやかな気持ちのこもったプレゼントが喜ばれるのではないでしょうか。

では、それ以外にはどんなプレゼントが喜ばれるのでしょうか。

お酒

リサーチすると、どうやらこれが1位のようです。

何となく孫からもらうものではないと思いますが、やはりいつの時代でもプレゼントとしてお酒は喜ばれるようですね。日頃飲んでいるものよりもほんの少しだけグレードアップするだけで、特別感があって喜んでもらえます。

お花

もちろんどちらかと言うとおばあちゃんが喜ぶのではないかと思います。

女性はいくつになってもお花をもらえば嬉しい、ということなんでしょうね。花言葉を調べたり、育て方を伝えることで、さらにその花に価値をつけることが出来ます。

お菓子

これは和菓子も洋菓子も含まれます。

例えば有名パティシェのお菓子だったり、日頃なかなかこの地方では手に入らなかったりという、少し話題性があったり希少性があったりすると話も盛り上がり、一緒に食べられればなお良いでしょうね。

一緒に過ごす時間

例えば一緒に食事に出かける。日頃あまり行かないような特別感のあるレストランに行くとか、高級な料理を食べるとか。今まで行ったことなかったけど、一緒に馴染みの居酒屋に行ってみるのも良いでしょう。

とにかく一緒に過ごすことです。時間や予算が許せば、旅行に行くのも良いでしょうね。

あくまでも「一緒に何かをする」ということがかけがえのない思い出になるのだと思います。

いずれにしても、大切なのはやはり気持ち

心をこめて、ほんの少しだけ日常ではないようなプレゼントが出来たら喜ばれると思いますよ。

 

敬老の日のプレゼントでこんなサプライズはいかが?

これは私が過去に贈った敬老の日のプレゼントの中で最もサプライズで、喜んでくれたものです。

それは、孫が一人で電車に乗っておじいちゃんおばあちゃんに会いに行く、というもの^^

私の家からおじいちゃんおばあちゃんの家(私の実家)までは電車を乗り継いで1時間ほど。ちなみにその時うちの息子は小学校1年生です。

何度も何度も行き方を説明し、地図を書いて、一度予行練習もしました。

駅まで歩き、切符を買い電車を乗り継いで、また駅から実家まで歩くという大スペクタクル(笑)

これを事前に実家には伝えずにおいて、当日うちの息子だけが実家に手紙を持って一人で現れる、というサプライズがしたかったんです^^

 

結果はと言うと、もちろん大成功でした。

 

「はじめてのおつかい」よろしく、それはそれは道中色々とありましたよ。それでも色んな人の助けを借りつつ何とか辿り着き、手紙が渡せた頃にはおじいちゃんおばあちゃんだけでなく、うちの息子も号泣でした^^

それから10年ほど経ちますが、今でも毎年敬老の日になると語り継がれ、おばあちゃんは毎年それで泣いていますw

それくらい嬉しかったんでしょうね。

可能な限りの変装をして、トボトボ歩く息子について行って陰からコッソリ見ていた、というのは今でもナイショの話です^^明らかに周りから変質者扱いだった気がしますがw

 

敬老の日のプレゼントのまとめ

私は断然、孫から派ですw

孫からおじいちゃんおばあちゃんに贈る手作りプレゼントこそが最強です。

ただこれ、子どもが小さいうちは良いですが、大きくなってくるとなかなか大変です(^^;

簡単には手作りなんてやってくれませんよ(笑)。経験談です。

それでもだからこそ、価値があります。

時にはモノで釣り、お小遣いで釣って、何とかプレゼントしてくれるよう働きかけます。ここが腕の見せ所w

それでもおじいちゃんおばあちゃんが喜んでくれたら、孫も嬉しいんです。

プレゼントをもらう喜びも、贈る幸せも、同時に見られるのが最高です。

だからこそ、孫からおじいちゃんおばあちゃんにプレゼントする、ということをおすすめします。

幸せいっぱいの、素敵な敬老の日にしてくださいね^^

 

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ