中秋の名月2017はいつ?月見だんごの由来やレシピもご紹介。

スポンサードリンク

中秋の名月って聞いたことありますよね。

月が綺麗な日というイメージや、月見団子のイメージ、すすきのイメージなど、色々かと思います。

十五夜と言う方がピンとくる方もいるかもしれません。

昔から日本人は月を観るという文化がありました。そしてこれは日本だけでもなく、アジア圏では月を観るという国が多いようです。

たまにはゆっくりのんびり月でも眺めて、静かな時間を過ごすというのはいかがでしょうか^^

などと風流なことを言ってみますが、私はどうしてもやはり文字通り「花よりだんご」w。

中秋の名月とは言ってみるものの、興味があるのはだんごのことです^^

だんごのことを中心に、中秋の名月についてご紹介しますので、私と同じタイプの方はどうぞ参考になさってください(笑)。

スポンサードリンク
  

中秋の名月2017はいつ?

何はさておき、まずは中秋の名月についてです^^

中秋の名月、いわゆる十五夜とは、空が澄んでいて美しく月が見える9月~10月の時期に観られる満月の日を指しています。

その歴史は平安時代からと言われていて、秋の収穫に感謝するお祭りとして行われていました。

その十五夜とは、実は旧暦の8月15日のことです。

2017年の中秋の名月(十五夜)は、10月4日(水)となります。

ただこれややこしいんですが、旧暦の8月15日とは、必ず満月でした。これはなぜかと言うと、旧暦はそもそも月の満ち欠けが基準になっていたからです。

つまり満月だから8月15日だったんです。

ところが現在の新暦はいわゆる太陽暦となります。つまり、十五夜となる中秋の名月が、必ずしも満月とは限りません。

これは実際の月の満ち欠けの周期が14日から16日と、幅があるからなんです。

2017年も同様で、先ほどお話したように中秋の名月は10月4日です。

が、満月になるのは10月6日なのです。

とは言ってもこれはもう誤差のレベル。秋の夜空の美しい月が拝めるというのは変わりません。

2017年は新月から数えて13日目、いわゆる「十三夜」です。

ちなみに、次回の「満月で迎える中秋の名月」は、2021年となります^^

 

中秋の名月に食べる月見だんごの由来とは?

先程もお話しましたが、中秋の名月にお月見をする、というのはそもそも平安時代からの風習です。

もともと中国から伝わった中秋節という習慣によるものと言われ、当時の貴族たちの間で月見の宴が開催されていたんだとか。当時の貴族たちが詠んだ歌にも月はたくさん出て来ますよね。残念ながら、だんごの歌はあまり聞きませんw

ただあくまでもお月見は貴族たちの中でのこと。広く一般の庶民に広まったのは江戸時代です。秋の収穫時期とも重なるこの時期に、収穫に対する感謝の祭りとともに月に祈りを捧げるようになったのです。

この「収穫に対する感謝」というのがポイントで、この時期はお米の収穫時期とも重なっていますよね。

つまり、収穫したお米を使って作った月見だんごをお供えすることで、感謝と来年の豊作を祈る、というのが由来だったのです。

もともと中秋の名月は「芋名月」と呼ばれ、芋の収穫時期とも重なるためお供えは芋が一般的でした。

現在でも京都などの一部の地方では中秋の名月に芋をお供えするところもあるようですが、月をイメージした真ん丸の月見だんごをお供えするところが多いようですね。

そう、月をイメージしたために丸いだんごをお供えしたのです。

その月見だんごですが、お供えする数も実は決まっているってご存知でしたか?

タテ3個でヨコ3個、つまり9個並べた上に、3個並べます(うるう年の時は上が4個)。

計12個をお供えするのが一般的です(うるう年は13個)。

そしてもう一つ、月見だんごと同じく中秋の名月に欠かせないのがススキ。

ススキは昔から魔除けの力があると伝えられていたと同時に、稲穂をイメージしていたと言われています。

月見だんごと一緒に稲穂をお供えし、収穫に対する御礼と次回の豊作、ついては健康なども一緒に願っていたのです。

ちなみにそのお供えの仕方ですが、月から見て右に月見だんご、左にススキ、というのが正式なんだそうですよ^^

中秋の名月と言えば月見だんご そのレシピとは?

長い長い説明になってしまいましたが、お待たせ致しました。

中秋の名月と言えば月見だんご、四の五の言わずにだんごだろ、というそこのあなた。

どうぞご安心を。月見だんごのレシピをご紹介します。

まずは材料ですが、

白玉粉      100g
水        100cc

作り方は、

①粉と水を混ぜ、こねる。
②混ざったら、好きな大きさに丸める。
③沸騰したお湯に②を入れ、5分ほどゆでる。
④②を取り出して、水に入れて冷やす。

これで出来上がりです。すごくシンプルに、だんごです^^

あまりにもシンプルなので、これでは物足らない、という方もみえるかもしれません。

そんな方には、こちらなどどうでしょうか。

みたらし風

しょうゆ  大さじ2杯
砂糖    大さじ1杯
みりん   大さじ1杯
片栗粉   大さじ1杯
水     100cc

これらの材料をすべて一つの鍋に入れて火を掛けたら、とろみが出るまで煮立てます。

完成したタレを、だんごに付けて食べたらまた最高です^^

赤福風

三重県、伊勢名物のご存知赤福。

市販のこしあんを用意してだんごに載せれば、これまた美味しいです^^

 

 

中秋の名月と月見だんごのまとめ

中秋の名月に見られる月って、本当に綺麗です。

古の美しさを感じる気がします。少しひんやりした風とともに、秋らしさを感じさせてくれますよね。

そんな夜に、美味しいおだんごとともに、月の美しさを堪能してみてはいかがですか。

こういう大切な日本らしさは、語り継いで行きたいですね^^

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ